朝しゃっきり目覚めるために、「朝シャワー習慣」の提案

朝しゃっきり目覚めるために、「朝シャワー習慣」の提案

残暑が続くこの時期は、寝苦しい夜が続いています。寝不足がたたって、「なかなか朝に気持ちよく目覚められない」という人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが朝シャワーの習慣です。今回はそのメリットを紹介したいと思います。

朝にシャワーを浴びるとなぜ目が覚める?

人間の身体は自律神経によって、血行や体温調節などが自動的にコントロールされています。このうち、眠っているときに働いているのが副交感神経で、心肺機能を抑えるなどして身体をリラックスさせるとともに、免疫力を上昇させるなどして治癒力を向上させます。

一方、朝に目が覚めると交感神経が徐々に優勢に働くようになります。交感神経は心身を活発化させるための神経で、血圧を上昇させるなどして身体能力を高めるとともに、集中力を向上させます。

朝起きても頭が上手く働かないのは、副交感神経が優勢にあることが原因の一つ。そこで、シャワーを浴びれば、その刺激によって交感神経を活性化させることができます。

朝早くの仕事がある日でも、事前にシャワーを浴びておけば最高のパフォーマンスを発揮することができるでしょう。仕事へのモチベーションもアップするはずです。

なぜ“朝”に“シャワー”がオススメなのか?

朝にシャワーを浴びることには、もう一つ理由があります。それは、深部体温と交感神経の関係です。

人の深部体温は起床してから11時間後に最も高くなり、22時間後に最も低くなると言われています。この深部体温が下がることで、夜に眠気を感じるようになるというのは、最近ではテレビなどでもよく聞く話ですね。

ここでポイントとなるのは、深部体温が上昇する朝の時間帯に「冷水」や「高温」といった強い刺激を受けると、交感神経が活性化しやすいといわれていることです。“朝”に“シャワーを浴びる”ということは、時間的にも手法的にも効果的というわけですね。

さらに、朝に太陽を浴びると体内時計がリセットされるとともに、睡眠と覚醒のリズムが整うと言われています。低血圧などで「目覚めが悪い」という人は、少し早起きをしてシャワーを浴びてみてはいかがでしょうか?

他にもまだある朝シャワーのメリット

朝シャワーのメリットは、脳や身体を活性化させるだけではありません。

寝汗をかいたままでは、それを皮膚上の常在菌が分解することで、体臭の原因になってしまいます。また、朝に1分程度のシャワーを浴びることによって、胸部や背中部などの皮脂の分泌量を、夕方まで抑えることができたという実験結果もあるので、シャワーを浴びることは体臭予防の上で効果的といえるでしょう。

最近ではテレワークの機会が増えていますが、「身だしなみの乱れは、心の乱れ」とも言われています。仕事上で失敗しないためにも、自宅にいる時にも清潔感を求めることは大切です。

その他、朝の目覚めを良くする方法としては、「甘いものを一口食べる」「水を一杯飲む」「目覚まし時計のスヌーズ機能を使わない」といった方法が知られています。朝シャワーと組み合わせることで、さらに眠気をはらうことができそうです。

低血圧などで目覚めが悪いと自覚している人は、朝シャワーをぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。その後の仕事のパフォーマンスも変わってくるかもしれませんよ?

【参考】
『入浴の辞典』(阿岸祐幸著)
『最高の入浴法』(早坂信哉著)
『ハイパフォーマーの睡眠技術 Sleep Skill』(小林孝徳著)
『パワーナップ仮眠法』(坪田聡著)
東京ガス「朝シャワーのすすめ(4) 朝シャワーの体臭予防効果」
大阪ガス「かしこいくらしのヒント図鑑」
空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集「シャワー使用行為の実態に関する研究」

あなたも自分のスキルを見える化してみよう

CTA-IMAGE アンケートに回答するとあなたのスキルをチェックし、分析レポートが届きます。以下より登録してスキルを見える化してみましょう!

仕事術カテゴリの最新記事